Web blog WEBブログ

ロゴデザインの作り方

2018.05.01

こんにちは。デザイナーの伊藤です。

今回はロゴデザインのコツについてお話させていただきます。

コンセプトを見直す

ロゴデザインはなにしろコンセプトが大切です。

一目でその会社のイメージなり、商品の雰囲気なりを左右するいわば「顔」です。

そこで、まずロゴを作る上で大切なことはなにか考えていきましょう。

 

今回私が担当したのは「岐阜リモートセンシング」さんという、ドローン事業を行うクライアントさんでしたので、

↓こちらです

https://web.runland.co.jp/works/works-2157

 

・ドローン

・人工衛星

・フィールド

をというモチーフを入れて欲しいというご要望がありました。

でしたので、3つの要素をどう配置すれば窮屈さがなく、印象に残るかを考えて作ります。

 

まずは5パターンを提案しました。

一番上のものが採用され、少し手を加えつつ、名刺用にこのようなパターンも制作しました。

小さくなっても、はっきりと何が描いてあるか分かるデザインです。

 

それと、今回はボツになってしまいましたが、一枚目右上のロゴについて少しお話すると、このロゴは他とは違い「フィールド」の部分を余白で表現しているデザインです。

このように余白を絵の一部として取り入れると、要素が飽和して窮屈な印象になることを防げます。ですので、ロゴ以外でも大切なデザイン感覚だと思います。

色の選び方

クライアントさんから指定がある場合がほとんどですが、

基本的にビジネスシーンで使うカラーは「清潔感」「クリーン」といった印象の「青・モノトーン」を使うことが多いです。

病院など医療機関のロゴでは「安心感」「やすらぎ」を与える、「ピンク」「緑」を使い、激しいコントラストのカラーは使わないようにします。

また、ロゴであまり色数を多くすると、視線が散らばって印象を薄めたり、他のデザインの邪魔になる可能性があるので、避けます。

色合わせに自信の無い方は、こちらのカラーピッカーサイトを利用してもいいかもしれません

カラースキームデザイナー↓

http://paletton.com/

カラーサプライ↓

https://colorsupplyyy.com/app

 

ロゴは大きなポスターになったり、小さな名刺のワンポイントになったり用途が様々です。

ですので、全てにぴったり対応するロゴは難しいですが、カラー版と、ブラック版、ホワイト版の3つを提出するといいでしょう。

文字の加工

前記の通り、ロゴは大きなポスターになったり、小さな名刺のワンポイントになったり用途が様々です。

ですので、文字間のツメ方には一層注意が必要です。

大きく引き伸ばしたときに、文字と文字の間の大きさがバラバラでは雑に見えてしまいます。

制作中はできるだけ大きく拡大して、不自然ではないか確認してください。

また、今回はやっていませんが、字の一部を変形させて遊びを作る時は、雰囲気で加減を図るのも大切ですが、高さをそろえたり、はみ出るサイズを、元々のデザインのどこかと全く同じサイズにすると、まとまりが出ます。

 

仕様シーンを想定

WEBに使われた場合、名刺に使われた場合、など用途に合わせて実際と同じ条件にして確認してみます。

名刺サイズの新規ファイルに、作ったロゴを配置してみるだけです。

仮にグレイッシュなトーンで作ったロゴの場合

「小さくすると案外薄くて目立たない」→「もう少し濃くしよう」などの気づきがあるからです。

ちなみに申し上げると、この工程は簡単でいて迷いが生じやすいです。

綺麗に盛り付けた料理を、テーブルの上に並べたらなぜかダサい…となると、

どう直していいか分からなくなってしまうからです。

でも大丈夫です。あせらず1の工程からゆっくり見直せば、きっといいロゴが仕上がるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
1コンセプトを見直す
2色の選び方
3文字の加工
4仕様シーンを想定
の手順で制作してみてください。

少しでもロゴ制作のヒントになれば幸いです。

伊藤小麟

この記事を書いた人 伊藤 小麟 デザイナー

無料相談窓口