Web blog WEBブログ

フォントファイルのフォーマットを変換する

2018.04.11

こんにちは。コーダーの兼山です。

レスポンシブコーディングの際、テキストを画像で対応した場合、
スマートフォン表示時にテキストがボケてしまう現象に悩まされると思います。

こういった場合、webフォントを使用することで、
この『ボケる問題』を回避することが増えるかと思います。

だいたい、Googleフォントに頼るわけですが、
たまに、フリーフォントでの対応になることがあります。

そんな時、IE、Chrome、Firefox、Safari辺りに対応すべく、
フォントファイルのフォーマットが必要になる場面があります。

そこで、私がよく使用させていただく、フォントコンバーター ツールをご紹介します。

fontconverter.org

fontconverter.org

【対応フォーマット】
ttf / otf / woff / svg / ufo / eot
・・・他

Online Font Converter

Online Font Converter

【対応フォーマット】
eot / svg / ttf / woff / afm / otf
・・・他

Free Font Converter

Free Font Converter

【対応フォーマット】
ttf / otf / svg / pfa / pfb / bin
・・・他

まとめ

■ ttf - TrueType font
■ otf - OpenType font
■ woff - Web Oben Font
■ eot - Embedded OpenType

上記のフォーマットはよく使うと思います。

尚、フォントを任意の形式に変換する際は、使用許諾の面で問題がないかどうか必ず確認をしてください。

今回ご紹介したツールは、これらを網羅していますので、
是非、ご利用ください。

兼山暖美

この記事を書いた人 兼山 暖美 エンジニア